年齢とともに気になる髪の悩み

  • 髪にボリュームがなくなってきた。
  • ハリやコシがなくなってきた。
  • 抜け毛が増えてきた。
  • 分け目の地肌が気になる。
  • 髪にツヤがなくなってきた。
  • 分け目の地肌が気になる。
  • 髪の1本1本が細くなってきた。
mohatsu1

髪の悩みの様々な原因

1 頭皮の老化

頭皮の古い細胞と新しい細胞が入れ替わる新陳代謝が衰えると 水分保持機能が衰え、乾燥しやすくなり、髪が抜けやすくなります

2 栄養不足

髪の毛は18種類のアミノ酸を中心とした栄養の固まりです。 常に髪の毛の素になるバランスの良い食生活が大切です。 また、過度のダイエットなどで栄養のバランスが崩れると、毛乳頭への栄養と酸素の 供給に滞りが生じ、毛母細胞は正常な細胞分裂を行うことが出来なくなり 毛髪は細く痩せた状態になります。

3 ホルモンバランス

髪の成長はホルモンバランスの影響を大きく受けています。女性のヘアサイクルが長いのも男性に若禿が多いのもこのせいです。男性ホルモンは皮脂分泌を促進するので、脂漏性脱毛も起こります。脂漏性脱毛→皮脂が酸化し、過酸化脂質が多くなり皮膚が炎症して脱毛します。

4 遺伝

脱毛を誘発する5αリダクターゼという酵素の体内における分布は 両親からの遺伝の影響を受けており、また男性ホルモンに対する感受性は遺伝の影響が高いことが わかっています。また、脂性体質などの遺伝も影響します。
5αジヒドロテストステロン(男性ホルモン)が毛母細胞の活性を抑制します。

5 生活習慣

髪の成長は生活習慣からの影響を受けます。喫煙は抹消血管を収縮させ、血流の悪化で細胞を損傷します。過度のアルコールや運動不足も細胞分裂機能を低下させ、髪の発育に悪影響を及ぼします。

6 ストレス

ストレスは自律神経、内分泌、免疫系の働きに影響を及ぼし、 働きが乱れると血流が悪化し毛乳頭へ栄養を届ける障害となり、髪が抜けやすくなります。

7 誤った手入れ

しっかり汚れを落とさないと、頭皮の脂が過多になり、皮膚呼吸を妨げ、毛根の働きを弱めます。

発毛のしくみと毛周期サイクル

髪の毛は、『毛包』というところで作られてます。毛包の深いところには、『毛球』という膨らんだ部分があり、その下面の凹んでいる箇所を『毛乳頭』と呼びます。 ここは、髪の毛を成長させるための栄養分が毛細血管から送り込まれており、 その栄養分を受けて盛んに分裂をくり返して毛髪を形成しているのが、『毛母細胞』です。

毛乳頭は髪の毛を造るにあたって非常に大きな役割を果たしています。毛乳頭からは、いろいろな信号が毛母細胞に伝えられ、毛母細胞の細胞分裂を常にコントロールしています。 毛乳頭から髪の毛造りの指示命令を受けた毛母細胞が、毛細血管から運ばれてきた酸素や栄養素をエネルギーにして、増殖や分化をくりかえし、髪の毛は作られます。 毛髪の成長には、毛乳頭細胞の活性、毛母細胞の増殖が重要な役割を担っています。

人の毛髪の数は平均約10万本で、人の毛髪が生まれて抜けるサイクルを「毛周期(ヘアサイクル)」と呼びます。 男性と女性ではホルモンの関係で毛髪の寿命にも違いがあります。 一般的に、寿命は男性で2~5年、女性で4~6年といわれます。 その寿命の中で下記の様な毛周期が繰り返されています。

髪には成長期(2~6年)、退行期(2~3週間)、休止期(2~3ヶ月)という周期があります。

moukon

1.成長期

髪が成長をしている時期。髪は平均1ヶ月に 1cm程度伸びる。毛母細胞が分裂を繰り返し、毛髪が成長する期間です。

2.退行期

細胞分裂が止まる退行期に入ると、毛乳頭と毛母が分離し、毛根が頭皮の浅いところへ移動します。成長が休止した状態を経て、次に生えてくる髪に押し上げられるようにして脱毛します。

3.休止期

毛母細胞の活動がを休止され、その部分には髪が生えてこない状態となります。

成長期 → 退行期 → 休止期 という、毛周期の中で 新たに成長期に入る毛髪が少なくなると, 男性の場合はハゲ症状が見られるようになり、女性の場合は薄毛となるケースが多くあります。

image2

毛髪再生へのこだわり

豊富なバリエーション

抜け毛予防から発毛促進まで、内服薬・外用薬・注射などの中からより効果的な治療法を選択し、組み合わせが可能。

予算に応じた治療法を提供。

注射に伴う苦痛を軽減する為に「マイクロペン」を使用

HARG療法とは?

HARG療法はヒト由来脂肪幹細胞成長因子を使用したサイトカイン療法です。
注入により休眠状態の毛母細胞に刺激を与え、発毛を促します。150種類以上のサイトカインが含まれる製剤で、それぞれが毛髪の再生に関与します。
また、毛髪の成長期を延長させる効果も認めるため、毛髪が十分に成長し丈夫な太い毛となります。

HARG治療 ~マイクロペン~

MicroPenEliteはコラーゲン及びエラスチンを生成するために、毎分8000回転で皮膚に微小な傷をつくります。また、表面的に皮膚に傷をつけるだけでは無く、成長因子など皮膚再生成分の浸透を促進させ肌の若返りや様々な症状の改善を図る治療です。痛みに関しては、サンドペーパーで皮膚を軽くこする感覚に似ています。
MicroPenEliteの高速かつ確実な注入により、痛みに伴う苦痛が軽減されます。

m1-1

BENEVとは?

FDA認可のヒト細胞由来成長因子を使用した治療です。多種類の成長因子を豊富に含んでいます。成長因子を局所投与することで、毛母細胞を再生させ、発毛を促します。製剤の性質として経皮吸収率が高いので、ダーマローラー、ダーマスタンプでの施術が可能です。そのため、痛みに弱い方でも安心して施術を受けられます。

BENEVはこんな方にオススメ

成長因子を使いたいけど、痛いのはチョット・・・という方や料金を抑えたいという方にもオススメです。

プラセンタ治療

美の万能薬プラセンタを主成分とし、数種類のビタミンとアミノ酸をカクテルにして投与します。毛母細胞を活性化し、正常なヘアーサイクルへと導き、艶のある丈夫な髪にします。定期的な施術で効果が維持されます。

PRP(自己多血小板血漿療法)

自身の血液から採取した血小板成分を濃縮したものをPRPといい、それを使用する毛髪再生療法です。
PRPには、細胞を活性化させる働きの成長因子が含まれており、シワの治療等にも多く使用されています。PRPは天然の成長因子で、発毛・育毛効果があります。

内服薬

内服薬は有効成分が全身に吸収されるため、効率的に浸透し、浸透率も一定です。
改善しにくいとされている前頭部や、生え際にも効果が見込めます。

外用薬

外用薬は、ダイレクトに頭皮に有効成分を塗ることで、毛穴から毛乳頭に浸透します。 全身的な副作用が起こる心配はありません。

生活指導

食生活や嗜好品などの生活習慣を改善し、他の施術の効果を最大限に引き出すようにします。

施術料金

HARG

頭部全体 1回 120,000円
3回 280,000円

※表示価格は税抜価格です。

HARG 部分

前頭部又は後頭部 1回 80,000円
3回 190,000円

※表示価格は税抜価格です。

メソヘアーカクテル

1回 30,000円
※HARG併用の場合20,000円となります。

※表示価格は税抜価格です。

BENEV

1回 45,000円
3回 100,000円
10回 390,000円

※表示価格は税抜価格です。

メソラインヘアー

1回 45,000円
3回 172,000円
8回 320,000円

※表示価格は税抜価格です。

毛髪治療薬

ロゲイン 1本 8,000円
ミノキシジル 2.5mg 100錠 21,000円
プロペシア 1mg 90錠(1ヶ月分) 9,000円
パントガール 90錠(1ヶ月分) 15,000円
KIPスカルプエッセンス 110ml 18,000円
フィナステリド 1mg 28錠 6,800円
ザガーロ 0.5mg 30CUP 9,000円

※表示価格は税抜価格です。